2020年1月23日、シンガポール・セントーサ島のシロソビーチにオープンした
シンガポール初の常設型インタラクティブランドアート「マジカルショア/Magical Shores」の
投影エリア全体のシステム設計・設置を Hexogon Solution Pte. Ltd.とヘキサゴンジャパン株式会社が担当いたしました。

 

■施設名
マジカルショア/Magical Shores at SILOSO

 

■場所
センソーサ島・シロソビーチ(シンガポール)

 

■営業時間
2020年1月23日より常設
19時30分~22時30分

 

■使用機材
Panasonic レーザー光源プロジェクター RZ12K ×3台
Christie ランプ光源プロジェクター ROADSTAR20K-J ×12台

 

■詳細
マジカルショアは島のナイトシーンを盛り上げるために、地元の人、観光客問わず、一日の終わりに誰もが立ち寄れる場所として、セントーサ・デベロップメント・コーポレーションが立ち上げた最新のナイトアトラクションです。
砂浜の上でのライトインタラクションなど、来場者が実際に体験できるイマーシブ空間を楽しむことができます。

 
シロソビーチを400mにわたって鮮やかな光や霧で演出するほか、AIが環境データをリアルタイムに解析することで、
その演出は状況にあわせて変化するよう設計いたしました。
 
また、計18台のプロジェクターに加えて、
防水対応の屋外向けウォッシュライトやレーザー光源ムービングライト、レーザービームなどの照明機材を組み合わせて使用。
さらに立体音響システム(スピーカー50台以上)やミスト発生装置(600ノズル以上)を使用することで、
光と音の調和が自然本来の美しさを際立たせる演出となりました。

   
 

■企画・演出
株式会社ワントゥーテン
ライティング プランナーズ アソシエーツ(LPA)

 

■システム設計・設置
Hexogon Solution Pte. Ltd.
ヘキサゴンジャパン株式会社