■イベント名
「竹芝 Town of Light Festival 2018」

 

■場所
竹芝客船ターミナル 竹芝ふ頭公園
(ベイサイドホテルアジュール竹芝・ニューピア竹芝サウスタワー)

 

 

 

 

■開催期間
2018年8月22日(水)~2018年8月24日(金) 、27日(月)~28日(火)

■使用機材
・プロジェクター
Christie BOXER 4K30 ×10
Christie ROADSTAR HD20K-J ×12

・サーバー
Christie Pandoras box COOLUX OCTO ×3 

・照明
AVOLITES SYSTEM BOARD
MA Lighting

 

■詳細
竹芝ふ頭公園3階デッキにて東急不動産株式会社並びに鹿島建設株式会社、一般社団法人竹芝エリアマネジメントの共同開催で地域活性化を目的に「竹芝Town of Light Festival」が開催されました。
ヘキサゴンジャパンはコンテンツ制作をはじめ、投影設計・プロジェクターおよび照明機材の設置、プログラミング・オペレーションまで一貫して担当いたしました。
小笠原諸島返還 50 周年記念に併せ、小笠原の魅力を 2~3 万ルーメンクラスの大型プロジェクターを 22台使用し、音と光をシンクロさせた幻想的な空間を演出したイベントとなりました。
また、コンテンツ内容として、小笠原諸島返還 50 周年記念事業実行委員会が展開しているキャンペーン「OGASAWARA 50 COLORS」を題材に、特に海洋動物については、現地より4Kで撮影したものを取り寄せて投影し、クジラやイルカなどの大型海洋動物やレモンやトマトといった果物&野菜類、小笠原ならではの亜熱帯植物を映像素材を大型プロジェクターによる色鮮やかな表現を実現し、小笠原諸島返還50周年のPRに尽力いたしました。

 

■主催
東急不動産株式会社
鹿島建設株式会社
一般社団法人竹芝エリアマネジメント